風営許可申請時の図面をスピード作成!!

ご依頼はこちらから

スピードにこだわり、着手から24時間以内で作成(~99㎡)

少しでも早い風営許可申請を支援します!(図面に特化し代行)

出張測定から図面の作成まで29,000円~対応します!

 

※電気工事士の資格保有によりスイッチ等の変更も対応可。

※横浜中心ですが、他市、他県、東京都も出張対応します。

 

料金表 / 事務所概要

 

2015年

10月

15日

公式blog「特定遊興飲食店営業を含む改正風営法パブリックコメントについて」

特設ページ!「特定遊興」を参照!!


2015年9月18日~10月17日までの間、警察庁生活安全局保安課企画係から、「風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法令の整備に関する政令案」と

特定遊興飲食店営業の定義の解釈案に対する意見の募集についてパブリックコメントの資料が出ました。


早速、内容の確認を行ったところ、以下の要点が気になるポイント。


①.風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律施行規則

 第7条(構造及び設備の技術上の基準)において1室の客室の面積は33㎡以上となっています。

 (となると、22㎡~32㎡の客室では、深夜酒類として、これまでのダーツバー10%ルールが適用?)


②.同30条の照度測定と32条の騒音および振動の測定に関しても今後、実査時に行なわれるのか。。。



③.同2条(営業所内の照度の測定方法)

 原則は客席で測定、しかし客室内の客席(テーブル、イスなど)が5分の1以下の面積しか無い場合は客席および客に遊興させるエリアの双方において照度を測定としています。※今後「客席」の求積図も必要になる理解です。


 

④.深夜の時間帯は各自治体の条例によって整理されると思いますが、接待するキャバクラなどの風営法も特定地域等に限って、午前1時以降の営業も出来る可能性はあるか・・・。


本体である風営法の1号~8号の整理もどうなるのか、あとは、来年6月以降の施行に合わせ、受付時期が気になりますねー。

 

また検証して、レポートします!

0 コメント

CAD書士(行政書士 田中満広)とは

行政書士 田中満広

横浜・東京近郊の申請図面でお困りではないですか?

ぜひCAD書士こと横浜の行政書士、田中満広にご相談ください!

 

長年ハードウェア系のエンジニアとして経験を積む中、特許や著作権、

コンプライアンス、契約書の作成や労働環境など法令に触れる機会が多くなり、

同じように悩む経営者や技術者のチカラになりたいという強い想いから

現在、行政書士という仕事に携わっています。

 

モノを通してではなく、直接に人と関わり、役に立てられたら、ほんとに嬉しいです!

 

エンジニア時代に数多くの図面を作成してきましたので、スピード・正確さには自信がありますが、このスキルが風営図面において数々のお客様に好評なので、適職であると確信しています。

風営許可の申請は図面が重要です!!

風営(風俗営業)許可申請にはさまざまな準備が必要です。

その中でも図面は正確さを必要とし、作るのが難しい書類の一つと言われています。

当事務所ではその図面を中心とした業務を行っており、多数の事案を通して

広く経験と技術を培ってまいりました。

 

この経験・技術により正確な図面を早く・安くお作りすることができます。

風営許可申請時の図面はぜひ横浜のCAD書士へ。お気軽にお問合わせください!

電気工事士✖CAD✖行政書士=感動する、あんしん申請図面

電気工事士の資格やCADの技能、そして行政書士としての経験をフルに活用し、

他では得がたいきめの細かいサービスを得意としています。

 

行政書士はお客様の新たな門出に立ち会うことができる、大変やりがいのある仕事です。

それだけに、現場でのやりとりを通して「頼んで良かった!と言っていただけるよう

精一杯ご支援いたします!

お知らせ

  • 2015年10月 特設ページ!「特定遊興
  • 2015年7月 車庫証明申請の報酬を改定 合同事務所の特性を活かしチームで速攻対応が可能に!
  • 2015年3月 公式blogおよびリンク先にて、特許図面から試作のモノづくりを支援する「インベンティブデザイン株式会社」の設立ご案内